• Hello & Welcome

    Sara Sound さらです!

    宇宙の大いなる流れとひとつになって

    その美しさ、豊かさを、無限の喜びとともに表現しています

     

    だれもが純粋な喜びにかえり

    クリスタルクリアーな意図をもって

    やりたいようにやり、生きたいように生きる

     

    本質のままに輝いて存在する

     

    それぞれの輝きが合わさって美しいハーモニーとなり

    ひとつになって宇宙の隅々まで響きわたる

     

    すでに完璧に美しいこの世界を、さらに想像を絶する美しさへと変えていく

     

    わたしはそのためにいまここに生きています

     

    あなたの純粋な喜び、本質の輝き

    クリスタルクリアーな意図はなんですか?

     

    もしそのこたえが明確でないのでしたら

    わたしの音や言葉、セッションやレッスンを役立ててください

     

    わたしの透明感と純粋な喜びのヴァイブレーションにふれてください

     

    あなたがいまよりもさらに美しく輝いて

    理想の人生を豊かに健やかにいきいきと楽しんで生きるために

    わたしにゆるされる最高のケアとサポートをさせていただきます

     

    美しいハーモニーをともに奏で

    喜びあふれる最高に幸せな毎日をクリエイトしていきましょう

  • Sara Suzuki

    Sara expresses the essence of the Universe through sound. She started her career as a sound healer/performing artist in 2007, after studying under Tom Kenyon.

    She travels with her crystal bowls to various sites, create music with nature and give live performances. The sound of her voice & crystal bowl creates a celestial atmosphere that is relaxing & inspiring.

    Sara is also a translator of many books such as "The Magdalen Manuscript" by Tom Kenyon and "The Food of Gods" by Jasmuheen.

     

    鈴木さら

     

    サウンドヒーラー/ミュージシャン/翻訳家

     

    サウンド・ヒーラー、チャネラーでもあるトム・ケニオンに師事し、2007年からサウンド・ヒーラーとしての活動を開始する。現在は、様々な倍音を同時に出す独自のトーニングとクリスタルボウルを使って、仙台、東京、岡山、京都など全国各地でパフォーマンスを行っている。翻訳家でもあり訳書にトム・ケニオン著「マグダラの書」、ジャスムヒーン著「神々の食べ物」などがある。

     

    saramarielles@gmail.com

    www.lightspacephi.com

  •  

    Sara's Story Book

    Introduction - Unique Characteristics

    エルフ族で植物や鉱物、エレメントなど自然界のエナジーとつながっており、生まれながらのチャネル、ヒーラーです。コミュニケーションと創造の中心に音があり、レムリアやアトランティスでも音をつかうことを役割としてきました。

     

    日本ではよく「浮世離れしている」、海外ではよく「おとぎ話の中から出てきたようだ」と言われます。この世のものともおもえない透明な存在感で出会う人々を驚かせ、感覚をうごかします。

     

    さらのうたを聴いた人は本質の喜びにかえり、偽りの現実に二度と戻れなくなるとかならないとか。。。

    When I was Little...

    ちいさな頃からうたうことが大好きで、うたわずには生きていられないというほど、いつもどんなときもうたっていました。

     

    特に雨の日はお気に入りの傘をさして外に出て雨音を聴きながら、周囲の土や石や植物や虫たちが雨に濡れて、キラキラと七色に光り輝くのを夢中になって眺めながら一緒にうたうのが大好きでした。

     

    食べることの意味がわからず、なにも食べないこどもだったので、母や周囲の大人たちを大変困らせます。物心ついた頃には周囲の人々とコミュニケーションをとることに難しさを感じ、どうせ言ってもわからないんだから…と諦めて伝える努力をやめてしまいます。なにも話さずおとなしくしている内向的なこどもでした。自転車に乗って海へ通っては、水平線の遥か彼方をじっと見つめて、あの先のどこまでも遠くへ行くことをいつも夢見ていました。

    Across the Sea & Fortune's Wheel

    高校生になって留学というチャンスをつかみ、ずっと夢見ていた太平洋の遥か彼方、アメリカへと渡ります。このときの体験はわたしにとってキラキラと光り輝くかけがえのない宝ものです。

     

    英語を身につけて日本に戻ってからは旅行業、教育関係、飲食業、販売、出版業などの仕事に就いて、それぞれの分野の素晴らしい人たちに出会い、たくさんの学びを経験します。しかしどこにいてもなにをしても本当の喜びが見つからず、やがて仕事にも恋愛にも疲れて現実から逃れるように結婚します。そんな結婚がうまくいくはずもなく、すぐに離婚。これをきっかけに引きこもって人間不信に陥り、それまでの「自分」が完全に崩壊するのを経験。それによって本当のじぶんにようやく気付き始めます。そんな人生の大きな転換期の最中にトム・ケニオン著「マグダラの書」と運命的な出会いをします。

     

    この本との出会いがきっかけとなってそれまでバラバラで意味をなさなかったわたしの人生のピースがひとつにつながります。本当の喜びにつながる真っ直ぐな道が突然わたしの目の前に開かれました。

    Guided by the Sound

    「マグダラの書」を翻訳し、その本が出版されることで再び社会とのつながりを取り戻したわたしは、そのまま導かれるようにトム・ケニオンのもとサウンドヒーリングを学びます。2007年8月、世界中からシアトルに集まった大勢の仲間たちと数々の貴重な体験をし、わたしは音に導かれて本当のじぶん、本当の声を取り戻します。サウンドヒーラーになって10年、音の無限の可能性、わたしたちの無限の可能性について、セッションやレッスン、演奏会などでたくさんの皆さんにお伝えし続けています。

     

    サウンドヒーラーとして10年目を迎えるにあたり活動の場を広げて、サウンドアーティストとしてCDを製作、2016年12月1st アルバム Eudaemonia 発売。

     

    今後も宇宙のはてしなく美しい音とともにある喜びをさまざまな活動をとおして表現し続けていきます。

    In Harmony

    本質の喜びが響き合う美しいハーモニーのなかで

    わたしたちの物語は続いていきます。。。